2009年10月18日

じごくのそうべえ


じごくのそうべえ (童心社の絵本)

じごくのそうべえ (童心社の絵本)

  • 作者: 田島 征彦
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 1978/01/02
  • メディア: 単行本



軽業師のそうべえが足を滑らせ死んでしまうところから話が始まります。
地獄の閻魔様や鬼が出てきて恐い話かと思いきや、偶然あの世で出会った4人組が地獄で大暴れする姿に笑い転げてしまうお話です。
元が落語らしく軽快な語りなのも引き込まれます。
読み聞かせするには関西弁が少し難しいです。


かわいいプチこ目線かわいい
人呑鬼(じんどんき)の腹の中での4人の暴れっぷりに大笑い
お友達にも薦めていました。
お子さまはみんなぶぅ〜が大好きなのです。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングに参加しています。
1日1クリック、応援よろしくお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
posted by こちょう at 23:05| Comment(0) | 4歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。